電車に長く乗っていくので卵が割れないという敷物を入れて
ショッピンウカートを杖代わりにと思いついたのは良かったけれど敷物が重く
カートを動かすのに力が必要で腕がだるくなってしまい
失敗だったと思い知らされました。
以外と段差や砂利道があって車椅子の方の大変さを改めて感じたのでした。
家に帰ってホッとした途端、背中を筋を違えてしまい
翌日鍼治療があるのが幸いでした。

国立西洋美術館で26日まで展示されている写本展が目的です。
フラッシュを焚かなければ写真がOKと言うのが魅力でした。




IMG_0274.jpg







IMG_8254.jpg







IMG_8261.jpg







IMG_8255.jpg






IMG_8257.jpg




展示のものの中に幾つも、どうやって書いたのか
どんなペンで書いたのか?と不思議に思うほど小さいのです。
よく米粒に字を書くと言うのが有りますよね。
それよりもっと小さくて細いのです。


写本をする人々が、それぞれ凝って写していたようです。
昔の人の凄さをまたまた実感しました。




拙いブログに来てくださって有難うございます。

気軽にコメント頂けたら嬉しいです。


↓ 応援していただけたら嬉しいです。



にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ











スポンサーサイト