IMG_0394.jpg



今回、夫の病気のことで、皆さんから沢山の励ましとお見舞いのコメントを頂き
本当にありがとうございます。
皆さんの祈りが力を与えてくださったと思います。

結論は、大手術はしなくて良いみたいです。
色んな検査をし、胆汁が詰まっていた部分にステンドを挿入できたそうです。
あとは胆汁が流れてパンパンに腫れていた胆嚢が元に戻ってくれることと
血液検査の結果によるようなんです。

コロナの影響で面会が禁止されていて夫とのメールのやり取りで様子を知る状態です。
昨日、点滴が取れて、食事が始まったと言ってますので経過は良いようです




IMG_8323.jpg



夫の状態の流れ
「ひどい便秘があって、肛門科がある病院に行って黄疸を発見していただいて
すぐ血液検査をして午後には結果がわかるようにしていただいて
その時に黄疸の数値が高く急がないと命に関わることがあるとのことで
MRIを撮りに行き、その結果を見てガンで大手術が必要と宣告されたのでした。

3月2日にガン専門の病院に行く時は、声もまともに出ないほどの状態でしたから
夫が家に戻れないのではないかと覚悟して出かけました。

腎胆外科専門の先生の問診を受け、その時に11月に胃がひどい痛みで救急搬送されたこと
その時に原因も分からず薬もなしで戻されたことを言うと
検査してみないとわからないけどガンだったら痛みは出ないから
違うことが原因かもしれないと言われ、少し希望が出ました。

黄疸は急に進んで命取りになるそうですぐさま入院となりました。
私が家に戻って夕方本人から電話があり点滴を受け一眠りしたら調子良くなったと
いつものような元気な声に一安心したのでした」

今は様々な検査をした最終的な結果を待っている状態です。


皆さんが私のことを心配して頂き有難うざいます。
入院させた帰り40分の運転で家に戻りました。
ここ何年も長時間の運転をしていませんでした。
家に帰らなくてはならないと必死でした。

今まで背中の筋違いばかり起こしていて、重いものを持ったり手を挙げての作業など
普通の家事ができずに夫に頼っていたので
最低限の家事をするのも用心しながらやっていました。
しかし昨日は疲労困憊になってしまい、ほとんど寝て過ごしました。

今日は鍼治療の日、カチカチになった背中をほぐして頂こうと思います。

あまり期待しすぎないように思っていますが
家に戻って来られそうなので安堵しています。
またはっきり分かりましたら報告させていただきます。




IMG_8326.jpg




拙いブログに来てくださって有難うございます。

気軽にコメント頂けたら嬉しいです。



↓ 応援していただけたら嬉しいです。




にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ






スポンサーサイト